MENU

クリティアの天然水ができるまで

クリティア 富士吉田工場

クリティアの天然水の製造工程やミニ知識を楽しくご紹介します。今回は辻さんファミリーにクリティアの天然水ができるまでを体験してもらいました。

原水をフィルターでクリアに

地下200mからくみ上げられた原水は3種類のフィルターを通して、細菌や異物を除去します。

衛生的な最新式のボトルに
充填してキャッピング。

自社製造のボトルを使い、輸送コストと環境負荷を軽減。クリーンルームで洗浄したボトルに天然水を補填し、UV(紫外線)殺菌したキャップで栓をします。

箱詰めした製品を無人管理

手作業の削減が衛生面の強化につながるため、省人化ラインにこだわります。無人搬送車(AGV)が大活躍。

徹底した管理を1日に十数回

検査はきっちりと人の手で。厳しい自社基準値を設け、製造された水の微生物検査、理化学検査、官能検査を実施しています。

試飲&試食タイム

クリティアの天然水で炊いたお米を食べたり、お水の飲みくらべをしたり楽しい時間が過ごせます!